2017 岐阜基地航空祭 その4

予定より早い開門でまだ人の少ない時に展示機を撮影。そして装備品を見て10エンド方面へ歩いて向かいました。

この10エンドの良い所は着陸後の機体を間近に見れパイロットさんのお手振りがほぼ確実に頂ける事。航空祭でしかココに来れないので何時もココで撮影しています。
ただ短所は機動飛行、離陸直後の機体は小さいのが泣き所ですね。ですからなるべく予行の日も休みを取って博物館横の田んぼポイントで撮影する様にしています。

で、今年のオープニングフライトですが例年なら天候偵察を兼ねてファイター系の飛行機が機動飛行を朝っぱらからかましてくれんですが、今年はT-7の偵察飛行で大人しいオープニングとなりました。






ご覧の通りこの時点では青空でホントに雨が降るのかな?って感じでした。
しかし基地西側には低い雲が流れ始め予定していたグライダーの航過飛行が無くなっていました。

しばらく間が開き今度は小牧基地からC-130の展示飛行が始まりました。























T-7が飛んでいる時に遠くの方にC130がホールドしているのが見えていたのですがやって来たのは中東派遣塗装のKC-130でした!

KC-130はカーゴドアを開けながらの飛行や8の字旋回での飛行をして見せてくれましたがビックリしたのがタッチ&ゴ―でした。小牧基地でも何度か見てきましたがここまで早く足を上げ低空で飛んで行くのを見るのは初めてでした!!

                      c(`・ω´・ c)っ≡つ ババババ

続く・・・・・。









コメント

非公開コメント

プロフィール

AーTSU

ようこそA-TSUの撮影記へ!
岐阜を中心に鉄道、飛行機をメインに撮影をしていますA-TSUといいます。
基本乗り物は全般に好きなので鉄道、飛行機以外にも撮ってます。

最新情報