2018/08/13 長良川鉄道 ダブレット交換 手旗信号 最終回

さて、このレポもこれで最後となります。

運転通行券の内容を確認した後は運転士はタブレットを引き取り出発を待ちます。が・・・・・。

先にも書きましたが大矢~美濃市駅間は信号設備が災害に遭い使えない状態です。で、ここで登場するのが鉄道関係者が行う手旗信号です。












係員によって赤旗から青旗へと変わると列車は出発できます。









信号を列車が通り過ぎるとすぐに赤旗に戻しました。

豪雨災害で被害を受けた長鉄は大変でしょうがこの様な貴重なシーンも長鉄のひとつの記録として残したく撮影に出かけました。
いざって時はやはり機械では無く人の力が物を云うんだなと思いました。




コメント

海老シイタケお

No title
機械化による全自動化で人員が削減できますが、所詮電源がないと全て動けない。今回の豪雨水害で信号の電源が
損傷。やはりいざとなったら人の手による原始的な閉塞が役に立つことが、今回改めて立証されましたね。

白鷺

No title
こんばんは、お疲れ様です、希少な信号掛かりの作業ですね、今日台風ですが、4時間以上遅れた迂回貨物用DD51の5085レ揖斐川堤防で撮ってました。

A-TSU

No title
>>海老シイタケおさん!

大手鉄道会社などはどの様に対応するのか気になります。

A-TSU

No title
>>白鷺さん!

この様な貴重な作業が撮影出来た理由が災害ってことを思うと素直に喜べないですね。でも記録に残しておきたいのも正直な気持ちです。
非公開コメント

プロフィール

AーTSU

ようこそA-TSUの撮影記へ!
岐阜を中心に鉄道、飛行機をメインに撮影をしていますA-TSUといいます。
基本乗り物は全般に好きなので鉄道、飛行機以外にも撮ってます。

最新情報