2018 / 09 / 06  姫路遠征 その8 姫路モノレール

本日も姫路遠征レポをアップします。
 
姫路モノレールが展示されている手柄山交流ステーションは水族館と一緒の建物の中にあります。
 
 
 
 

 
元はホームだった所が展示室となっているようです。
 
 
 

 
 

 
 

 
モノレールの部品や看板などの展示がしてあります。
 
 
 
 

姫路モノレール 200形
 
 
 
 

手前の車両は中も見学できるようになってます。
 
 
 
 

 

 
 

 
 
1974休止、1979年廃止から2011年に一般公開されるまでは手柄山駅にあった整備する為の検修線に建物内で保管されていたため綺麗な状態に保たれていたようです。
 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
この200形のほかに運転台が片方だけの100形もあったそうで当時の川崎航空機岐阜工場で製造されたそうです。
 
 
一通り見学した後は当時このモノレールが走っていた軌道桁が所々に残っているのでここ手柄山駅跡から姫路駅まで遺構をたどって歩いてきました。
 
 
 
 
 
 
 

コメント

非公開コメント

プロフィール

AーTSU

ようこそA-TSUの撮影記へ!
岐阜を中心に鉄道、飛行機をメインに撮影をしていますA-TSUといいます。
基本乗り物は全般に好きなので鉄道、飛行機以外にも撮ってます。

最新情報